オンライン カジノ

オンラインカジノは違法?合法?摘発事例を踏まえて解説!

ルーレットのベットエリア

「オンラインカジノを始めたい!」と思ったら、まず気になるのが『法律問題』ですよね。
日本では法律で賭博が禁止されていることは、みなさんも知っていると思います。
だとすると、「日本でオンラインカジノをプレイすると違法になるのでは?」と思いますよね。

現段階では、『違法でも合法でもない』となります。

この記事では、オンラインカジノに関わる法律と、遊ぶ際の注意点について解説していきたいと思います。

オンラインカジノは違法でも合法でもない。

違法でも合法でもないということ。それは、今の日本にオンラインカジノを裁く法律が設けられてないのです。

つまり、現段階では巷でよく聞く「グレーゾーン」にあたります。

日本のインターネットに関する法整備はまだまだ遅れており、ネット上の誹謗中傷すら今だにしっかり裁けないような状況です。最近では少しマシになってきましたけど・・・・。そんな中、カジノ法案も通ったばかりの段階なので「オンラインカジノ」に関する法律が整っていないのも当然なのかもしれません。

「FX」や「仮想通貨」も始まりはこんな感じでしたね。

しかし、賭け事は賭博罪にあたる

「オンラインカジノに関する法律はなくても、賭博の法律はあるんだから違法なんじゃないか?」と思った方もいると思います。

まずは、そもそも「賭博罪とは?」というとこから説明していきます。

賭博に関する法律とは

日本国における「賭博罪」は、大きく2種類に分けられます。

単純賭博罪

回数に関係なく賭博行為をした時点で該当します。

賭博をした者は、五十万円以下の罰金又は科料に処する。ただし、一時の娯楽に供する物を賭けたにとどまるときは、この限りでない。

引用元:刑法第185条|法務省

賭博開帳図利罪

賭博場を開き、人を集めて賭博の利益を図った場合は賭博開帳図利罪が適用されます。

賭博場を開張し、又は博徒を結合して利益を図った者は、三月以上五年以下の懲役に処する。

引用元:刑法第186条2項|法務省

「海外のカジノ」で遊んでいるという特殊な状況

上記の法律を踏まえると、オンラインカジノをプレイすることは「賭博罪」にあたるんじゃないかと考えられます。ですが、考えてみてください。
みなさんはテレビなどで芸能人が「マカオに行ってカジノをしてきた!」「ラスベガスで儲かった!」などの光景を見たことはありませんか?

筆者が最近、見たのは武井壮さんがカジノでバカ勝ちして最後に全部、持ってかれる映像が記憶に新しいです。

つまり、賭博に関する法律は「日本国内のみ」に適応されるだけで、日本人が海外でカジノを遊ぶことは違法にあたらないということ。

ここが「オンラインカジノ」がグレーゾーンと言われているポイントになります。

では、どういうことに気をつけて遊べばいいのか?

賭博罪にあたらないか確認するべき2つのポイント

サーバー

①日本で運営されていないか?

日本で運営されているということは「日本の企業」にあたります。そうなると日本の法律「賭博罪」に抵触するので利用者も逮捕される恐れがあります。ニュースで「インターネットカジノ店を摘発」なんて言葉を聞いたことがあるんじゃないでしょうか?実店舗でお金を賭けたカジノは100%危険なので行かないようにしましょう。

ちなみに、日本の競馬や競艇などは政府に認められている企業の運営なので特に問題はありません。

②サーバーは海外にあるか?

インターネット上では実際にどこが運営拠点か判断が難しいですよね。それは政府も同じです。なので「サーバーはどこの国にあるか?」ということが一つの基準になってます。日本っぽい名前の会社でも海外のサーバーで運営されていれば一先ず安心です。必ず確認してからオンラインカジノを選びましょう。

オンラインカジノの摘発事例

2017年に海外で合法的に運営されているオンラインカジノを、日本から利用した場合に罪に問われる事は無いという判例がありました。

オンラインカジノプレイヤーが対象となった賭博罪被疑事件で争った案件は国内でただひとつであり,そのひとつは,不起訴となった。

引用元:不起訴の勝ち取りーオンラインカジノプレイヤーの件|賭博罪改正を願う弁護士津田岳宏のブログ

これまで容疑をかけて逮捕した警察や検察の決定(罰金刑)で終わっていた、オンラインカジノに対する法的判断に対して、1人が不服を申し立て争い「不起訴=無罪」であるという判断がされたのです。

勤務中に使用のスマートフォンでオンラインカジノを繰り返し利用し国家公務員法の職務専念義務に違反したとして、秋田財務事務所(秋田市)に勤務する20代男性職員を同日付で減給10分の1(6ヶ月)の懲戒処分にしたと発表した。男性は同日付で依願退職した。東北財務局によると、男性は去年7月から今年2月にかけ、主に事務所内で自分のスマホを使い、オンラインカジノを174回利用していた。同僚が不審に思い、上司が本人に事情を聴いたところ、事実を認めた。男性が利用していたオンラインカジノは、海外を拠点としたサイトで、男性は実際に金を賭けていたという。

引用元:秋田魁新報社

つまり、オンラインカジノで遊ぶこと自体は違法ではないということですね。

まとめ

今後、カジノは日本国内で更に盛り上がりを見せると筆者は思ってます。パチンコや競馬のようにプロギャンブラーが注目されていくのも明確でしょう。

ゲームで沢山の富を築けるように、カジノを極めれば思わぬ仕事に結びつくかもしれませんね。

みなさんのカジノライフが最高なものになりますように。

『CASINO-X』

CASINO-Xのトップ画面

CASINO-Xは使いやすさ重視のサイト作りと万全の日本語サポート体制で、日本人プレイヤーから定評があります。2,000種類を超えるゲーム数で遊び飽きることはないでしょう。独自のポイントシステムがあり、遊ぶほどに専用のキャンペーンやボーナスを受け取れる制度が魅力です。デザインも親しみやすく、オンラインカジノ初心者にもおすすめです。

CASINO-Xを覗いてみる