News

ミナミでインターネット店を大阪府警が摘発

大阪府警の外観

大阪・ミナミで客に賭博をさせたとして、大阪府警生活安全特別捜査隊と南署は21日、常習賭博容疑で、朝鮮籍で大阪市中央区東心斎橋のインターネット賭博店「バー・クレイン」従業員、韓昇容疑者(48)=同区島之内=ら従業員の男3人を逮捕したと発表しました。

 韓容疑者の逮捕容疑は7月20日夜~21日未明、同店でネットカジノのアプリを使い、客に「バカラ」などの賭博をさせたとしています。3人はいずれも容疑を認めています。

 同隊によると、同隊の捜査員が6月、ミナミで客引きから「ギャンブルもありますよ」と声をかけられたことで発覚。今月20日に同店を捜索し、単純賭博容疑で店内にいた客の男(40)1人も逮捕しました。

『CASINO-X』

CASINO-Xのトップ画面

CASINO-Xは使いやすさ重視のサイト作りと万全の日本語サポート体制で、日本人プレイヤーから定評があります。2,000種類を超えるゲーム数で遊び飽きることはないでしょう。独自のポイントシステムがあり、遊ぶほどに専用のキャンペーンやボーナスを受け取れる制度が魅力です。デザインも親しみやすく、オンラインカジノ初心者にもおすすめです。

CASINO-Xを覗いてみる