カジノリゾート

ヒッポドロームカジノはイギリス最大規模!食事も楽しめる大人におすすめの観光スポット!

ヒッポドロームカジノの入り口

イギリス・ロンドンでも屈指の人気エリアエリアの一つ「ピカデリーサーカス」と「レスタースクウェア」のちょうど真ん中に位置するのが『ヒッポドロームカジノ(Hippodrome Casino)』

カジノとしても最大規模誇る総合エンターテイメント施設で、カジノ以外にも高級レストランや、ロンドンの伝統でもある「キャバレーシアター」が楽しめるのが特徴となってます。

館内の雰囲気はどこか伝統を感じさせてくれる豪華な仕様。高級感あるシャンデリア、レストランには豪華な装飾と調度品、キャバレーシアターはなんとも言えない「飲み込まれるよう」な空間を演出しています。

そんな魅力溢れる『ヒッポドロームカジノ』を今回は紹介したいと思います。

ヒッポドロームカジノはイギリス最大規模!

ヒッポドロームカジノ夜の外観
ヒッポドロームカジノの外観

イギリス国内のカジノは「小さなカジノクラブ」が多いのが特徴です。その中でこの『ヒッポドロームカジノ』は国内最大の規模を誇ります。

  • 延べ床面積8640㎡
  • 従業員数450名以上
  • 収容人数2000人
  • キャバレーシアター席200席
  • BAR6箇所
  • 3つのカジノフロア

上記のように他のカジノクラブとは比べものにならない規模になっています。

ただ、この建物は元から「カジノクラブ」として使われていたワケではなく、その歴史も深いものになっています。

ヒッポドロームカジノの歴史を紹介!

ヒッポドロームカジノ日中の外観

始まりは1900年頃のミュージックホールやサーカス場として運営が開始されました。その後、1958年頃からナイトクラブとして営業が行われ、1983年頃からはレストランなどの営業も行われだしました。この時代にカジノの面影はありませんでした。

しかし、1900年代の後半はイギリス国内が大不況に見舞われてました。医者や看護師のストライキで病院は機能せず、給食婦のストライキで学校は休校し、ゴミ収集人のストライキでゴミは回収されず、墓堀人のストライキで死者が埋葬されず、トラック運転手のストライキで暖房用の灯油が配達されないなど、この不況は「イギリス病」と言われるどの規模でした。

この影響を受け2005年には一度、閉鎖になってしまいます。

今まで「所有者」と「運営方針」が変わり続けましたが、ジミー・トーマス氏によって2012年に生業が再開されました。それは、「カジノを含む総合エンタメ施設」として。

ヒッポドロームカジノの施設内を紹介!

次はお待ちかね!施設内について紹介していきます。準備はいいですか?

豪華絢爛な「カジノフロア」

ヒッポドロームのメインカジノフロア

写真から見ていただいたら分かるように、元劇場という造りを活かして気品ある豪華な演出をされています。マカオやラスベガスとは違った魅力があるフロアですね。

もちろん、ゲームの種類も充実していて、電子スロットや王道カジノなど全45種類ものカジノゲームから選べます。もちろん、美女がドリンクを配ってくれるサービスも。

しかし、このカジノを遊べるフロアはここだけではありません。ここは「全部で3つ」あるうちの1つに過ぎないのです。

落ち着いた雰囲気のカジノフロア

上の写真は別のフロア。少し落ち着いた雰囲気でカジノに集中したい人に向いているでしょう。

ちなみに、この『ヒッポドロームカジノ』で遊べるゲームは以下の種類が遊べます。(一部)

  • ヨーロピアンルーレット
  • ブラックジャック
  • バカラ
  • スリーカードポーカー
  • ダイス
  • パイゴウ
  • スロットマシン
ヒッポドロームカジノのデーブルゲームの雰囲気

フロアだけでなく、デーブル自体も雰囲気がありますね。まさに、「大人の社交場」といったところでしょう。

ヒッポドロームカジノの電子ゲーム

もちろん、テーブルゲームは「少しハードル高いな・・・」なんて思う人もいるでしょう。そんな人にも安心。電子ゲームも充実しています。初めての人でもカジュアルにサクッと遊べるのでまずはコチラから慣れるのもいいと思います。

そしてコチラは妖艶な雰囲気を味わいながらカジノをプレイできるフロアになります。ここは元々、地下にあったプールを改装して作られたとのことなので特段、素敵な空間に仕上がっていますね。ショーが気になってゲームどころではなさそうです・・・・。

魅力のレストラン&テラス

次に紹介するのは、この建物の「カジノ以外」の魅力になります。コチラはカジノで遊ばない人でもぜひ、観光していただきたい場所になります。それでは紹介していきましょう。

ヘリオット・ステーキハウス

ヘリオット・ステーキハウスのプライムステーキ

「ヒッポドロームカジノ」内にあるコチラのお店は、普通に食事だけしに来る人がいるほどの人気店。肉本来の旨味を引き出すために4~6週間ほど熟成されたステーキは、肉とは思えないほどの柔らかさを楽しめます。。

その他、ロースト骨髄・ロブスター・トリュフなどのトッピングも可能で、そこらへんのお店ではとても味わうことのできない極上な食事がいただけます。

「一息つきたい」と思ったらテラスで!

ヒッポドロームの喫煙テラス

コチラのテラスは「ヒッポドローム」の屋上に位置していて、カジノやショーで興奮した体の熱を冷ましてくれること間違えないでしょう。また、屋内は禁煙になっているタメ、喫煙者の方はココが喫煙エリアとなっていることを覚えておきましょう。

そして、このテラスは只のテラスではありません。

ヒッポドロームのテラスのフード

ここでいただけるフード・ドリンク・アルコールなどは特別なモノになっています。カクテルはロンドンでも多くの人気を獲得しています。そして、フードは一流のシェフが提供してくれます。

レストランだけでなく、ぜひコチラでも食事を楽しんでいただきたいですね。

まとめ

いかがでしたか?日本の旅行者からも評判がよく、人気のほどが口コミから伺えます。また、ロンドン在住の方も記念日などにはコチラのレストランでお食事をするなどのコメントもありました。

「次の旅行先が決まらない」「記念日に相応しい旅行がしたい」など『ヒッポドロームカジノ』はきっとあなたの旅を特別なモノにしてくれるでしょう。

公式サイトを掲載しておくので気になる方はぜひ、チッェクしてみてください。また、遊びに行った際はご感想、お待ちしてますね。

ヒッポドロームカジノの公式サイト
  • 住所:Cranbourn Street, Leicester Square, WC2H 7JH London
  • 電話:+44(0)207 769 8888
  • 営業時間:24時間
  • 年齢制限:18歳以上
『CASINO-X』

CASINO-Xのトップ画面

CASINO-Xは使いやすさ重視のサイト作りと万全の日本語サポート体制で、日本人プレイヤーから定評があります。2,000種類を超えるゲーム数で遊び飽きることはないでしょう。独自のポイントシステムがあり、遊ぶほどに専用のキャンペーンやボーナスを受け取れる制度が魅力です。デザインも親しみやすく、オンラインカジノ初心者にもおすすめです。

CASINO-Xを覗いてみる