「カジノリゾート」News

マカオの大手カジノ企業『ギャラクシー・エンタテインメント』が日本への参入を改めて表明!

ギャラクシーホテルの全景

参入を表明しても肝心の「場所」は?

今回、改めて日本でのカジノ事業への参入を表明した『ギャラクシー・エンタテインメント・グループ(Galaxy Entertainment Group)』。以前の発表では、モナコでカジノを展開する「モナコSBM」と共同で、沖縄へのカジノ開設を検討している事が発表されていましたが、今回の表明でルイ副会長は「IRはギャンブルだけではなく、ショッピングモールや子ども向け施設などもある。参入の際は日本企業との提携なども模索し、日本人の雇用も生み出したい」と話し、カジノ建築の場所についても、「横浜や大阪を含め、7箇所の自治体と話合う」と、まだ検討中である事も明かしました。

ギャラクシー

銀河娯楽(ぎんかごらく、英語: Galaxy Entertainment、ギャラクシーエンターメント、中国語: 銀河娛樂)は、マカオの企業。カジノとホテルを運営している。元々は建築材料会社である嘉華建材だった。

2002年にマカオ政府からカジノライセンスを受け、カジノ、ホテル、その他娯楽施設を運営している。現在第3位でマカオのカジノ市場を占めている。

引用元:銀河娯楽 – Wikipedia

2018年7月に、IR実施法案・所謂カジノ法案が可決され、まずは3箇所のIRが誕生する事が決まってます。カジノが認可されるには、カジノ企業と開設される地方自治体・その地域の企業との共同が求められます。

最終的な認可は、日本政府当局による決定になるのでしょが、カジノ企業側にとってはまず、有力候補地とされる地方自治体に選ばれる必要があります。

パチンコの収益面を見ても日本は世界有数のギャンブルマーケットであることは間違いない。世界各国の”名だたる企業”が喉から手が出るほど、3つの枠に入りたがっています。巷で噂されている「3つの内の1枠は、日本企業になるのでは・・・」という通りだとすれば、外資の入る枠は残り2つ。アメリカ大統領のトランプ氏が、安倍首相にサンズを勧めたというニュースもあったりと、最終的な決定が出るまで、熱いレースが続きそうです。

今後、日本の経済を大きく左右するであろう『カジノリゾート』。みなさんの生活に大きく影響してくるでしょう。

『CASINO-X』

CASINO-Xのトップ画面

CASINO-Xは使いやすさ重視のサイト作りと万全の日本語サポート体制で、日本人プレイヤーから定評があります。2,000種類を超えるゲーム数で遊び飽きることはないでしょう。独自のポイントシステムがあり、遊ぶほどに専用のキャンペーンやボーナスを受け取れる制度が魅力です。デザインも親しみやすく、オンラインカジノ初心者にもおすすめです。

CASINO-Xを覗いてみる